LOUTO

 器と道具の店「LOUTO」

hptop190114.jpg
墨色の鉢
READ MORE

墨色の鉢

夜空のような墨色の鉢にいちごさん。(敬称ではなく「いちごさん」というブランド名。おいしかった)この鉢は昨秋、デンマークのKH Wurtz窯で焼かれたもの。・野口悦士/デンマークKH Wurtz 五寸鉢 径約16cm × 高さ約5cm 4320円(税込)野口悦士 個展は、 2/4(月)まで。通信販売でのお届けをご希望の方は、こちらのメールフォームよりお問い合わせください。...
だるま
READ MORE

だるま

焼〆だるまと白南蛮だるま。〝だるま〟の呼び名は、あの、昔はどこの家でもよく見かけた名作ウイスキー、サントリーオールドこと通称〝だるま〟から、だそう。以前は、プロポーションもよく似ていたそうなんですが、年月を経て、今はこの形です、と。のびのび、おおらかな形。気持ちいいです。・野口悦士/焼〆 だるま 高さ約16.5cm 16200円(税込)・野口悦士/白南蛮 だるま 高さ約13cm 12960円(税込)野...
石木文さんの干支小物が届きました!
READ MORE

石木文さんの干支小物が届きました!

「今回は作られないんです…」とお話していた石木文さんの干支小物ですが、なんとなんと、作ってくださいました!文さんのイノシシは、ぷっくりかわいいウリ坊。鼻がハートでふるとカランカラン♪、お守りになるようにと鈴になっています。そして今回は、文さんの「23」と刻印の入った真っ白なかわいい貼り箱に入った、箱入り娘。野口さんの個展の最中ではありますが、かわいいイノシシのコーナーもできました。こちらも楽しみにお...
四色の鉢
READ MORE

四色の鉢

黒にしようか、藤色か、白か、栗色か。色違いで揃えても、それぞれによく似合う色あわせ。おでんに、煮物、シチューに、お漬け物、朝のシリアルもいいし。サラダに、りんご、ドライカレーもかわいい。見ればみるほど途切れなく浮かぶ情景。程良い大きさで、程良い深さ。食卓の万能選手になってくれることをぷんぷん予感させます。・野口悦士/白釉 6寸鉢 口径約18.5cm × 高さ約6cm 5400円(税込)・野口悦士/黄釉 6寸鉢 口...
緑青 ボトル
READ MORE

緑青 ボトル

佇まいが、なんともいえません。・野口悦士/緑青 ボトル 高さ約17cm 21600円(税込)野口悦士 個展は、 2/4(月)まで。通信販売でのお届けをご希望の方は、こちらのメールフォームよりお問い合わせください。...
お酒の器 〝徳利と盃〟編
READ MORE

お酒の器 〝徳利と盃〟編

野口悦士 個展、3日め。今日も楽しい1日でした!今回はお酒を誘う器が多いもので(笑)、お酒の話がついつい多くなって…いつにも増して、晩酌の時間が楽しみでなりません。お酒好き、「年中、熱燗!」な野口さん。今日もそろそろ晩酌の時間でしょうか?お酒好きな野口さんの作る酒器は、同じくお酒好きな私たちの心を掴んで離しません。ぐっと痺れる酒器がたくさん並びました。今日の紹介は、「徳利」編。今日は我が家も熱燗かな...
始まりました!
READ MORE

始まりました!

野口悦士個展「touch and feel it」、始まりました! 野口さんが在店してくれた初日は、 外は、真冬にもかかわらず、 穏やかな陽気の晴れ間。 そして、店内も野口さんの 温かく優しい語り口と、 作品に触れ、見つめるお客さんの熱気で 外に負けない、温かさと 気持ちの良い空気に包まれた一日でした。  写真は、初日のオープン前に撮ったもの。 既になくなったものもありますが、 まだまだ、素敵な作品が沢山です。 ...
花入に
READ MORE

花入に

野口悦士個展「touch and feel it」、初日よりたくさんの方にお越し頂いて、賑やかに始まりました!昨日は、野口さんも来てくださって、鹿児島をはじめ、デンマーク、イタリアでの作陶について…いろいろ楽しいお話を聞くことができました。ほんと、改めてナイスガイ!お陰で楽しい会の始まりになりました。今回は、食事のうつわはもちろんのこと、花器も、たくさん届けてくださいました。今日は、花器と、生けたお花をちょっとご紹...
野口悦士 個展 2019/1/19→2/4  
READ MORE

野口悦士 個展 2019/1/19→2/4  

野口悦士 個展 「 触れて 感じて 」2019.1.19(土)→2.4(月) 12:00-19:00  作家在店日:1.19(土)会期中休み:金曜日 眺めているだけでも痺れる、野口悦士さんの器たち。 でも、もし機会があるのなら、触れてみて。触れれば、その世界は、一瞬で深くに。 その質感、重さ、軽さ…その心地よさが、指から身体に溶けだすはず。この器を、触れるのと、触れないのでは …挿絵の楽園を見るのと、楽園で悦びに満ちて暮らす...